OSC プロトコル

 
OSCでは「ボタンを押す」、「LEDを点灯させる」と言った機能にアドレスを
割り振り、そのアドレスを宛先として指定し、OSCメッセージの送受信を行い
ます。また、このアドレスはURLのような形式であり、ソフトウェアの開発者が
独自に決める事が可能になっています。
OSCの詳細に関してはopensoundcontrol.orgを参照して下さい。
 
PICnome/PICratchBOXでは以下のようなOSCメッセージを利用することができます。
 
[prefix]について
[prefix]には、アプリケーションやプログラム毎に、その制作者が付けた文字列が
入ります。
例えば、Maxmlrであれば「/mlr」、64stepなら「/box」となっています。 
 
デバイスからソフトウェアへ
 
press – ボタンのON/OFF制御

[prefix]/press [x] [y] [state]

x, y : ボタンの位置(0 – 7)
state : ボタンの状態 ("1"がON、"0"がOFF)

 
 adc – アナログ入力値の制御(ONLY PICnome)

[prefix]/adc [pin] [value]

pin : アナログ値を取得するピン番号( 0 – 10 )
value : [pin]からのアナログデータ値(0.0 – 1.0)

 
 fader – フェーダー値の制御(ONLY PICratchBOX)

[prefix]/fader [id] [value]

id : フェーダー番号( 0 – 2 )
value : アナログデータ値(0.0 – 1.0)

 
 vol – ボリューム値の制御(ONLY PICratchBOX)

[prefix]/vol [ch] [pin] [value]

ch : ボリュームのチャンネル番号( 0 – 1 )
id : 各チャンネルのボリューム番号( 0 – 3 )
value : アナログデータ値(0.0 – 1.0)

 
ソフトウェアからデバイスへ
 
led – LEDの個別ON/OFF制御

[prefix]/led [x] [y] [state]

x, y : LEDの位置(0 – 7)
state : LEDの状態 ("1"がON、"0"がOFF)

 
led_col – LEDの列単位の点灯パターン制御

[prefix]/led_col [column] [data]

column : 列番号(0 – 7)
data : 点灯パターン (0x00 – 0xFF、"1"がON、"0"がOFF)

 
led_row – LEDの行単位の点灯パターン制御

[prefix]/led_row [row] [data]

row : 行番号(0 – 7)
data : 点灯パターン (0x00 – 0xFF、"1"がON、"0"がOFF)

 
frame – 全LEDの点灯パターン制御

[prefix]/frame [A] [B] [C] [D] [E] [F] [G] [H]

A – H : 点灯パターン (0x00 – 0xFF "1"がON、"0"がOFF)

 
clear – 全LEDの一斉ON/OFF制御

[prefix]/clear [state]

state : 全LEDの点灯・消灯
("1"が全点灯、"0"、引数無しが全消灯) 

 
adc_enable(or adc/enable) – アナログ入力の利用制御

[prefix]/adc_enable [id] [state]

id : アナログ入力番号( 0 – 10 )
state : アナログ入力機能の利用設定("1"が有効、"0"が無効) 

 
adc/type – アナログ入力の入力特性制御

[prefix]/adc/type [id] [type]

id : アナログ入力番号( 0 – 10 )
type : アナログ入力機能の入力特性設定( 0 – 2 詳細はこちら)

 
adc/curve – アナログ入力のカーブ特性制御

[prefix]/adc/curve [id] [curve]

id : アナログ入力番号( 0 – 10 )
curve : アナログ入力機能のカーブ特性設定( 0 – 7 詳細はこちら)
※第2引数は省略可。その場合には設定されているカーブ値を返す

 
oscconfig – OSC関連項目の一括設定

/sys/oscconfig [prefix] [hport] [device] [haddress]

prefix : 接頭辞で使用する文字列
hport : ホスト・ポートの設定値
device : 設定を変更するデバイス番号
haddress : ホスト・アドレス(省略可)

 
device – デバイスの設定表示切替

/sys/device [id]

id : pic2osc上の表示を切り替える(0, 1)

 
devices – デバイスの接続数確認

/sys/devices

引数無し : 接続されているデバイスの台数を返す

 
type – 接続デバイスの種別確認

/sys/type

引数無し : 接続されているデバイス種類(64, 128 or PrB)を返す

 
prefix – OSCコマンドの接頭辞の変更

/sys/prefix [string]

string : 接頭辞で使用する文字列
引数無し : 現在の設定を返す

 
offset – LED位置へのオフセット値の挿入

/sys/offset [xoffset] [yoffset]

xoffset, yoffset :  縦横方向のオフセット値

 
cable – LEDパッド上辺の変更

/sys/cable [orientation]

orientation :  Leftがデフォルト値(left, right, up, down)
引数無し : 現在の設定を返す

 
intensity – LED輝度の制御

/sys/intensity [value]

value : MAX7219のインテンシティレジスタ値(0x00 – 0x0F)

 
test – LEDテストパターン表示

/sys/test [state]

state : MAX7219のディスプレイテストレジスタ値(0 – 1)

 
shutdown – MAX7219のシャットダウンモード

/sys/shutdown [state]

state : MAX7219のシャットダウンモードレジスタ値(0 – 1)