pic2oscについて

 
pic2osc Icon
 
pic2osc for Mac OS X    pic2osc for Windows XP, Vista and 7
 
About
pic2oscはPICnome/PICratchBOX_OSCを使うためのルーター・ソフトです。
PICnome/PICratchBOXとソフトウェアとの間のOSCでの処理を仲介しています。
 
Design
pic2oscはプログラム言語にJavaを採用することにより、Mac、Winどちらも
共通のコードで設計されています。また、仮想COMポートの処理と、OSCでの
通信機能を実現するためにRXTXJavaOSCというライブラリを使用しています。
 
Requirements
 OS : Mac OS X 10.5 Leopard, 10.6 Snow Leopard or 10.7 Lion
Windows XP, Vista or 7(both 32bit and 64bit)
 
 Java : Java Runtime Environment(JRE) 6
(you need to install Java for Mac OS X 10.5 Update 6, Java for Mac OS X 10.6 Update 1 or Java for OS X Lion)
 Etc : LoopBe30(Only Windows and MIDI)
 
Download
 ここからダウンロードして下さい。
 
Install
for Mac OS X Users
 pic2osc-ver-macosx.dmgをダウンロードした後にディスクイメージを開き、
その中にあるpic2osc.appをアプリケーションフォルダに入れて下さい。
 
for Windows XP/Vista/7 Users
 pic2osc-ver-windows.zipをダウンロード、解凍します。
解凍されたフォルダを任意の場所(例えば、C:\Program Files以下)
に置いて下さい。
 
Usage
0. Only Mac OS X Users
Mac OS Xでpic2oscを使用するためには、初期設定が必要になります。
次のZIPファイルをダウンロードし、展開して出来た「init-setup」をダブルクリック
して下さい。
 
 
init-setupをダブルクリックすると、ターミナルが起動し、少しすると
「プロセスが完了しました」と表示されます。これで初期設定は完了ですので、
ターミナルを終了して下さい。
 
もし、手動でこの設定作業を行いたい場合は下記の手順を参考に行って下さい。
 
A. (ディレクトリが存在しなければ)/var/spool/uucp、/var/lockを作成。
 
 sudo mkdir /var/spool/uucp
 sudo mkdir /var/lock
 
B. 作成したディレクトリのパーミッション、グループを変更。
 
 sudo chmod 775 /var/spool/uucp
 sudo chmod 775 /var/lock
 sudo chgrp uucp /var/spool/uucp
 sudo chgrp uucp /var/lock
 
C. ディレクトリのパーミッションとグループの設定を確認。

 正しければ、下記のように結果が表示されます。

 ls -l /var/spool/ | grep uucp
 > drwxrwxr-x 2 _uucp _uucp 68 5 19 03:15 uucp
 
 ls -l /var/ | grep lock
 > drwxrwxr-x 20 root _uucp 680 10 7 14:26 lock
 
D. 自分のユーザー名を確認する。

 taroの部分に自分のユーザー名が表示されます。

 who -H am i
> USER
LINE
WHEN
> taro
ttys000
Oct 7 15:28
 
E. UUCPグループのメンバーに自分のアカウントを追加。

 taroをあなたのユーザー名に変更して下さい。

 (Mac OS X 10.4以下の場合)
 sudo niutil -appendprop / /groups/uucp users taro

 (Mac OS X 10.5/10.6の場合)
 sudo dscl . -append /Groups/uucp GroupMembership taro

 
F. UUCPグループの設定を確認。
 
 dscl . -read /Groups/uucp | grep GroupMembership
 > GroupMembership: taro
 
0. Only Windows XP/Vista Users
 初めて、PICnome/PICratchBOX_OSCをPCに繋ぐと、INFファイルの
インストールを要求されます。
PICnome-firmware-ver.zip(または、
PICratchBOX_OSC-firmware-ver.zip)の中にHEXファイルと一緒に
tkrworks-PICnome.inf(tkrworks-PICratchBOX.inf)が入っています
ので、これを自身のPCにインストールして下さい。
64bit版OSをお使いの場合には、ファイル名に「x64」とある方をお使い下さい。
また、デバイスマネージャーでPICnomeに割り当てられたCOMポートの
プロパティを開き、ボーレートを9600から115200に変更して下さい。
 
1. I/O Protocol
 ※For ONLY Mac OS X 10.7(Lion) Users
  Java for OS X Lionをインストールする前にpic2oscを立ち上げると、
  Javaランタイムをインストールするか訪ねられますので、そのまま画面の
  指示に従い、インストールして下さい。
 
 デバイスをPCに接続した後に、pic2oscを立ち上げてください。
まずはじめに、接続したデバイスで使用するプロトコルを
「I/O Protocol」から選択します。
 
1.1. Open Sound Control
 OSCプロトコルでPICnomeを使用する場合、基本的に「Host Address」、
「Host Port」、「Listen Port」を変更する必要はありません。
 
OSCプロトコルに関してはこちらも参照してください。
 
PICnomeSerial OSC Setting
 
1.2. MIDI
 MIDIプロトコルを使用する前に、Windowsであれば、「LoopBe30」、
Mac OS Xであれば、「Audio MIDI 設定」でIACドライバの設定を各自行って
ください。その後、接続したデバイスで使用する「MIDI In」、「MIDI Out」の
ポートをドロップダウンメニューより選択してください。
 
MIDIプロトコルに関してはこちらもご覧ください。
 
PICnomeSerial MIDI Setting
PICnomeSerial MIDI Setting
 
1.3. OSC/MIDI(ext.)
 パッド、LEDはOSCで制御を行い、拡張ポートからはMIDI CCを出力できる
ようになります。Max for Liveで拡張ポートに接続したボリュームやフェーダー
加速度センサなどをMIDIマップモードで各パラメータにアサインするのに便利です。
 
PICnomeSerial MIDI Setting
PICnomeSerial MIDI Setting
 
2. Device Select
 Mac OS Xの場合には「tkrworks-PICnome(or PICratchBOX)-***」、
Windowsの場合には「tkrworks-PICnome(or PICratchBOX)-COM*」と
表示されます。
また、2台のデバイスを接続している場合には、ドロップダウン
メニューからこれらを切り替えることが出来ます。
 
PICnomeSerial Device SettingPICnomeSerial Device Setting
 
3. Cable Orientation
 「Cable Orientation」を設定することで、PICnome/PICratchBOX_OSCの
向きを変えることが出来ます。設定値(Left、Right、Up、Down)はUSBコネクタ
の位置を表しており、初期状態ではleftになっています。
4. Device-Specific Protocol Settings
4.1. Address Pattern Prefix
 PICnome/PICratchBOX_OSCと組み合わせて使うソフトウェアが個別に
持つOSCメッセージの接頭辞を変更する際に使います。入力の最後に必ず
Enterキーを押して、変更を反映させてください。また、OSCメッセージ
「/sys/prefix」を使うことで、任意のソフトウェアから直接、接頭辞を
変更することも可能です。
 
4.2. Starting Column / Row
 2台のPICnomeをPCに接続し、8×16もしくは16×8として使う際に、ボタ
ンやLEDの位置情報に加えるオフセット値を設定します。例えば、1台目の
設定値をColumn「0」、Row「0」とし、2台目の設定値をColumn「8」、
Row「0」とし、どちらも同じPrefixにすることで、16×8のPICnome 128
として利用できるようになります。
 
5. Analog Input Settings
1.1. Analog In. Enable
 拡張ポートのアナログ入力を使用するかどうか設定します。
OSCメッセージ「[prefix]/adc_enable」もしくは、「[prefix]/adc/enable」を
使って外部から設定することも可能です。
 
Analog In. Enable
 
1.2. Input Type
 入力値を補正タイプを選択することが出来ます。「I/F」はDJミキサーの
縦フェーダーのように使うのに適し、「C/F」はクロスフェーダーのような動作に
適しています。また、「M/A」は加速度センサの補正に最適です。
OSCメッセージ「[prefix]/adc/type」を使って設定することも可能です。
 
Input Type
 
1.3. Fader Curve
 ポートの入力カーブを8段階で調整することが出来ます。
OSCメッセージ「[prefix]/adc/curve」を使って設定することも可能です。
 
Fader Curve
0 comments on “pic2oscについて
1 Pings/Trackbacks for "pic2oscについて"
  1. […] to Install PICnomeSerial ドキュメントに「PICnomeのインストール方法」の項を追加しました。 Last 5 posts in […]

Language: