Wacom Cintiq Companion 2

去年からメインの開発マシンとしてWacom Cintiq Companion 2を使ってます。
 
このマシン、Windows内蔵のペンタブという認識でいるともったいないです。
 
1.現場や打ち合わせで人とかぶらない。
2.HDMI入力がついてるので、他のマシンの映像出力のテストが出来る。
3.蓋を開けるとカスタムしやすい設計になってる。
4.物理ボタンに色々アサインできる。
 
ただし、
 
1.そのままだとWi-Fi/BLuetoothモジュールがWi-Fiの5GHz帯使えない。
2.バッテリーの持ちが悪い。
3.中はカスタムしやすい設計になってるのにフタが超絶開けにくい。
4.液晶の外側余白が無駄に多く、大きくて重い。
5.デフォで貼ってある液晶フィルムのせいで画質が微妙。
 
というイマイチな点もあります。
 
デメリットの1は蓋を開けてモジュールを交換すれば解消します。現在は製造中止になってますが、Mouserでこれを購入して交換しました。液晶フィルムはAmazonでこれを買って貼り替えました。それ以外はまぁ、目を瞑ります。
 
という感じで中身の写真公開。
 
 
 
 
 
Posted in Developper's Memo

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

Language: