Fader Torque/Cut Lag Adjustment for PICratchBOX

ここでは、フェーダーのトルクとカットラグを調整する方法を
解説していきます。
フェーダー・カーブとリバース設定を調整したい場合はこちら
ご覧下さい。

  1. フェーダーのトルク調整
    1. ツマミ、ノブを全て外します。
      SDIM1821
    2. トップパネルのネジ4つを外し、一番上のパネルを取り外します。
      SDIM1820
    3. 調整するフェーダーのシャフトが中心に位置するようにし、フェーダーを重くする場合には、マイナスドライバーで磁石を時計回りに回します。逆に反時計回りに回すと、フェーダーの動きが軽くなります。

      ※どちらも回しすぎると磁石が外れてしまうことがあるので、注意しながら調整を行って下さい。
      SDIM1817

     

  2. カットラグの調整
    1. 1-1、1-2まで同じように行います。
    2. 写真のようにクロスフェーダー下と、4×4パッドの上の2カ所のネジを外します。これで、ケースからパネルを分離できますので、内部のケーブルに無理な力がかからないように注意しながら開けます。
      SDIM1812
      SDIM1814
    3. フェーダーの左右にあるネジを外し、パネルからフェーダーを取り外します。
      SDIM1815
    4. フェーダーの左右に小さなネジがあり、これをマイナスドライバーで回して、カットラグを微調整します。

       ※カットラグを小さくしすぎると、音漏れが起きることがあります。調整は少しずつ確認しながら行って下さい。
      SDIM1811

Posted in Controller

コメントをどうぞ

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

Language: